二川の街に魅せられて、築80年の古民家暮らし。

CW0W8516

新築のための土地探しの中、旧東海道二川宿に建つこの古民家に出会ったお施主様。歴史を大切に、街並の保全に尽力する街の人たちの取り組みに触れ、その魅力の虜となりました。
築80年と言うこの古民家に、子育て真っ最中の若いご夫婦が、安全に快適に住むには、どうしたら良いだろうか?何が必要だろうか?と言う所からのスタートでした

before

after

before

after

必要な補強を行えば、まだこれからも長く住みつないで行ける建物であると判断し、この建物を活かす方法を検討しました。不要な箇所を解体し、全体のバランスをシンプルに整えていくプランをご提案しました。
無理をせず、現代の暮らしに合わせた設備を提案することで、お客様が安心して、憧れていた古民家暮らしをイメージできるよう、配慮しました。

before

after

  • 田の字型に配置された4つの和室。東西に開口部が無いため、奥の部屋は薄暗い。

  • 南側の2部屋を吹き抜けとし明るく開放的なリビングとした。構造強化のために壁を増やしながらも広々とした印象となった。

before

after

  • 台所が居住空間とは離れた土間となっており、使いづらい。

  • ダイニングキッチンは、家族の家族の集まるリビング横へ設けた。シンプルでモダンなデザインが、和の雰囲気と調和しながらアクセントとなるキッチンとなった。

before

after

  • 浴室はハナレとなっていて老朽化も激しく、このままの利用はできない状態にあった

  • ハナレの浴室は取り壊し、室内に取り込むこととした。

before

after

玄関から庭へと通り抜けできる土間はそのままいかし、外遊びや庭仕事で汚れた体のまま、洗面脱衣、浴室へと行けるように計画。
室内からも土足に履き替えることなく土間を渡れるよう工夫した。

before

after

  • 外部と内部に3つも設置されているが、建物もトイレ部分は特に痛みが激しいので、解体する事とした。

  • 1階と2階に1ヶ所づつ、清潔でコンパクトなトイレを新設。便器と床の取り合う部分には石を敷き、掃除しやすさと、床板を保護している。

before

after

「二川のまちづくり協定」に基づいて、漆喰の白壁と木製格子によって、街並みの保全を心がけた。木製サッシは、防音・断熱・防犯性の高いアルミサッシに変更。
人の目線となる1階部には木製縦格子を設置して、道行く人の目線からプライバシーを守りつつ、街の雰囲気に溶け込むデザインとなった。

before

after

  • 使用できないほど老朽化した、崩れ落ちそうな倉庫など別棟の建物がいくつか建っていた。一部はかつての畑として利用されていた様子。

before

after

母屋以外の建物は取り壊し、庭として整備することとした。取り壊してみると、北に向かって緩やかな傾斜の先に、美しい山を望む事の出来るロケーションとなった。
手前に子供たちの遊べる芝生広場、段を利用した花壇や畑を設け、傾斜を利用した開放感あふれる庭となった。

before

after

  • 2階はシンプルな、田の字型に配置された和室だった。

  • 南側2部屋は、一部の床をはずし、1階に光を届ける吹き抜けとした。北側は、子供部屋と主寝室として、和の味わいを感じるデザインの洋室に変更した。

before

after

  • 天井を外して現れた梁は、80年経っていても力強さを感じられ、古き良き魅力を発していた。

  • 力強く味わいある梁を見せる計画とし、古い木製家具を活かすデザインを心がける事で、この家の持つ魅力を示す、特徴的な空間を演出できた

ページTOPへ戻る