そのままの姿を活かす古民家の家

イトコー_メインs16

時代を「繋ぐ」古民家の家づくり
昔のままの姿で自然体な暮らしを

昔ながらの家々が並ぶ風情溢れる街。その一角にあるのがTさん邸。昔から古いものやアンティークが大好きだったご主人と、古民家リフォームを得意とするイトコー担当者の想いが一致し、この築80年以上の古民家をフルリノベーション。梁や建具などはそのままの状態で再利用し、間取りや土間のある空間などもあまり手を加えないようにした。「自分たちはこの家を担っているだけで、次世代に繋ぐ為・日本文化の良さを無くさない為にも古民家で暮らしています」とご主人。
何百年も続く古民家。現代の工夫と共に、昔ながらの趣と仕様をそのままに、「何もしない・昔ながらの姿を残すこと」。これがこの家の暮らしのコンセプトとなっている。

裏玄関には広々としたお庭や農園が広がる。ウッドデッキから見るこの景色はなんとも格別

築80年以上のどっしりとした梁がこの家の特長のひとつ。
白壁にすることで、照明の光を柔らかく演出してくれる

after

イトコー_サブ02s16

after

イトコー_サブ01s16

Tさんご家族のご自宅は重厚感ある格子が目印
玄関を開けると大きな土間が。ここは手を加えること無く、昔からの雰囲気を取り入れた。

2階にあがるとおおきな吹き抜けの周りに通路が。ここをぐるぐる子どもたちが走り回っているそう。

before

DSC03274

after

イトコー_外観s16

after

0016

after

16

ページTOPへ戻る